sAI Chat

社内外からの問い合わせ『自己完結型AI』

sAI Chatは自社開発のAIエンジンを使った、ハイブリットAIチャットボットです。
完全自動のチャットボットはもちろん、有人対応へのシームレスな切り替え、更に有人対応時にもAIがオペレーターをサポートする半自動対応を実現しています。

この企業へ問い合わせる

sAI Chatの特徴

sAI Chatは自社開発のAIエンジンを使った、AIチャットボットです。
AIのロジック改善・企業毎のカスタマイズ・運用など全て全て自社で行っているため、他社のAIチャットボットと比べて高性能と低価格を両立しております。
具体的な特徴は以下の通りです。

特徴①:最初から賢いAIが使える

一般的なAIチャットボットは、賢くなるまでにデータの蓄積時間がかかるため、半年~1年程度精度を上げるために導入企業が使い続ける必要があります。 『sAI Chat』の場合、弊社がAIを学習させ賢くしてから提供しているので、最初から高い精度で利用いただけます。

特徴②:FAQデータの作成からサポート

「チャットボットを導入したいが、散らばったナレッジを整理する工数が取れない」という企業は多いと思います。弊社では、クライアントの対応履歴・マニュアル・インタビュー等から、チャットボットが回答する元になるFAQデータの作成を行っています。

特徴③:入力文のリアルタイムサジェスト

質問を入力すると、1文字毎にリアルタイムで質問文のサジェストを行います。
ユーザーは質問文の入力途中でも、サジェストされたFAQをクリックすれば、即時に回答が得られます。

特徴④:画像や動画の埋め込みが可能

回答によってはテキストで説明するよりも、画像や動画を使った方がわかりやすいものがあります。
sAI Chatでは回答文にyoutubeなどの動画を簡単に埋め込むことができます。

特徴⑤:有人対応へのスムーズな切り替え

チャットボットで対応出来ない問い合わせに対し、有人対応に切り替えて応対することができます。 有人対応の場合であっても、AIが回答候補を掲示しオペレーターをサポートする「半自動チャットボット」機能が利用できます。

sAI Chatの料金

sAI Chatには2つの料金プランがあります。

①汎用パッケージ

現在あるsAI Chatの機能がそのまま使えるプランです。
特別な開発が必要なければ、こちらのプランをお使いいただけます。

初期費用50万円
月額費用15万円~(※)

※登録するFAQの数が500件まで。以降500件増えるごとに月額+5万円

その他、
・LINE/LINE WORKS/Facebook Messengerの利用
・オリジナルデザインの利用
・有人対応への切り替え対応
はオプションで対応できるので、詳しくはお問い合わせください。

②オリジナルチャットボット個別制作

会話以外の機能を含むチャットボットの開発や、LINEの各種APIを使ったチャットボット、自社のCRM連携などの別途開発を必要とする場合のプランです。
料金は要件によって異なるので、個別に見積もりをさせていただきます。

会社概要

会社名 株式会社サイシード
代表者名 代表取締役 中村 陽二
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿プライムスクエア15F
設立年月 2015年4月

その他のサービス

  • sAI Chat

    sAI Chatは自社開発のAIエンジンを使った、ハイブリットAIチャットボットです。
    完全自動のチャットボットはもちろん、有人対応へのシームレスな切り替え、更に有人対応時にもAIがオペレーターをサポートする半自動対応を実現しています。

    詳細はこちら

  • Cogmo Attend

    「IBM Watson」の技術を応用した『Cogmo Attend』は、人の話す言葉(自然言語)を理解して応答が可能なだけでなく、 複雑な分岐条件のある質問も大丈夫です。標準のインターフェース(Web)のほかLINEやFacebookなどのアプリ連動も可能。 AI時代のチャットボットは『Cogmo Attend』で決まりです。

    詳細はこちら

  • Chat Dealer(チャットディーラー)

    チャットボットで問い合わせ対応業務を効率化。お客様対応にも社内ヘルプデスクにも利用可能なチャットツール。無料の初期設定フォロー付きの丁寧な導入サポートで安心。クラウドサービス導入実績50,000社超のラクスが運営する、かんたん設定のWebチャットツールです。

    詳細はこちら

最適な業者探しをサポートいたします!
手間も費用もかかりません

無料相談はこちら