Cogmo Attend

あのチャットボットで、できなかったことができる

「IBM Watson」の技術を応用した『Cogmo Attend』は、人の話す言葉(自然言語)を理解して応答が可能なだけでなく、 複雑な分岐条件のある質問も大丈夫です。標準のインターフェース(Web)のほかLINEやFacebookなどのアプリ連動も可能。 AI時代のチャットボットは『Cogmo Attend』で決まりです。

この企業へ問い合わせる

Cogmo Attendの特徴

『Cogmo Attend(コグモ アテンド)』は、 AI時代の接客サービスです。

優秀なAIであるWatsonが、言葉を理解してくれます。

「IBM Watson」の自然言語処理を利用しているので、日常で使用している人の話し言葉を理解して応対できます。スマートフォンやPCのマイクを経由して音声による質問も可能です

*チャットボットの回答はテキストですがオプションで音声の回答も可能です。
*PCに接続するための別売りのノイズ・キャンセルマイクもご提供可能です。

複雑な会話もOK。営業マンのトークも可能

ご用意する会話は導入企業様ごとの専用設計です。
従来からあるチャットボットは単純な一問一答形式が多いのですが、『Cogmo Attend』は枝状に分岐して会話を進めることができます。
この機能により、会話の流れで質問を絞り込んだり、お客様の回答を誘導することができます。例えば、「トイレはどこですか?」という質問に対して「階段を上がって2階の左手にあります。」などの回答は一問一答形式で対応できますが、「駅に近い家に住みたいがオススメは?」という質問に対しては、一問一答形式で答えを導くことができません。
この場合は、「お住まいはどちらの沿線をご希望ですか?」などさらに質問を重ねるなど分岐条件が必要になりますが、『Cogmo Attend』ならこのような分岐式の会話にも柔軟に対応します。

チャットと一緒に、ページの検索結果も提示できる

チャットボットを導入する場合、用途により機能の検討が必要です。チャットボットで用意できない回答でも、別売りのコグニティブ検索サービス『Cogmo Search』と連動すれば、検索結果から案内することも可能になります。

Webでもアプリでもご利用可能

フロント側インターフェースのご提供形態はWeb版をご用意しています。オプションとしてアプリによるご提供、LINEビジネスコネクトや Facebookメッセンジャー、他のアプリでもご利用いただけます。

Cogmo Attendの料金

ライセンス・・・50万円
月額利用料・・・10万円~
会話構築支援(初回)・・・200万円~

会社概要

会社名 株式会社アイアクト
代表者名 代表取締役 原田 淳
所在地 〒104-0045
東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア8F
TEL 03-6825-5611 / FAX 03-6825-5612
設立年月 1999年6月(創業1992年7月)

その他のサービス

  • sAI Chat

    sAI Chatは自社開発のAIエンジンを使った、ハイブリットAIチャットボットです。
    完全自動のチャットボットはもちろん、有人対応へのシームレスな切り替え、更に有人対応時にもAIがオペレーターをサポートする半自動対応を実現しています。

    詳細はこちら

  • Cogmo Attend

    「IBM Watson」の技術を応用した『Cogmo Attend』は、人の話す言葉(自然言語)を理解して応答が可能なだけでなく、 複雑な分岐条件のある質問も大丈夫です。標準のインターフェース(Web)のほかLINEやFacebookなどのアプリ連動も可能。 AI時代のチャットボットは『Cogmo Attend』で決まりです。

    詳細はこちら

  • Chat Dealer(チャットディーラー)

    チャットボットで問い合わせ対応業務を効率化。お客様対応にも社内ヘルプデスクにも利用可能なチャットツール。無料の初期設定フォロー付きの丁寧な導入サポートで安心。クラウドサービス導入実績50,000社超のラクスが運営する、かんたん設定のWebチャットツールです。

    詳細はこちら

最適な業者探しをサポートいたします!
手間も費用もかかりません

無料相談はこちら